夕神迅

编辑:学习号互动百科 时间:2019-10-29 07:02:48
编辑 锁定
《逆转裁判5》中的角色,担任检察官的夕神迅,同时是一名囚犯。在5-5章节中被判无罪。
中文名
夕神迅
外文名
美版:Simon Blackquill
日版:夕神 迅(ゆうがみ じん)
其他名称
歪君、夕神检事
饰    演
《逆转裁判5》中的检察官角色
配    音
咲野俊介
登场作品
逆转裁判5
生    日
1999年
年    龄
5代背景(2027年)28岁;七年前(2021年)21岁
性    别
身    高
188cm
职    业
囚犯/检察官
家    人
(姐)夕神辉夜
老    师
希月真理
喜欢的人
希月心音

夕神迅角色设定

编辑
夕神迅 夕神迅
夕神迅(ゆうがみ じん),出自卡普空公司的作品《逆转裁判5》。曾经是一名检察官,2020年起因UR-1号事件被判有罪而入狱,七年后(2027年)由于检事局指名而再度以检察官身份重回法庭。有一姐姐夕神辉夜,曾经是希月真理的学生。

夕神迅公式书内容

公式书原文
7年前に宇宙センターで起った、UR-1号事件の犯人として投狱されてい
官方公式书内容
官方公式书内容 (5张)
る囚人。もともとは検事であり、囚人であるいまも、検事局长の御剣の命で法廷に立つ。心理操作を得意とし、荒々しく、ときに冷静に斩り込んで、法廷の流れを自分のものにしてしまう。相棒の鹰”ギン”は、法廷に住み着いているらしい。
  
翻译
由于7年前在宇宙中心发生的UR-1号事件而入狱的犯人。原本是检察官,现在则只是一名囚犯,在检察局局长御剑的指名下重回法庭。擅长心理操纵,行为粗暴,并且会冷静地“斩断”对手,把法庭当成随心所欲的场所。一只名为“银”的鹰是同伴,目前它在法庭定居。
(原文内容来自公式书资料页左侧,个人翻译可能有误,望见谅。)

夕神迅角色经历

编辑
注意,为了避免剧透,夕神迅时间表相关只记录有关夕神迅的主要事件,详细时间表请见逆转的时间表
【1999年】夕神迅出生。
【2020年10月7日】心理学教授希月真理在航天中心的机器人研究室被杀害,希月真理的学生、青年检察官夕神迅自称杀人,以杀人罪被捕入狱。事件代号为UR-1号事件。
【2027年4月18日至19日】九尾村事件,夕神迅作为囚犯检察官第一次出庭。《逆转裁判5》第二章。
【2027年7月21日至22日】荒船水族馆事件,夕神迅作为囚犯检察官第二次出庭。《逆转裁判5》DLC。
【2027年10月25日至26日】忒美斯法律学院事件,夕神迅作为囚犯检察官第三次出庭。《逆转裁判5》第三章。
【2027年12月16日】宇宙中心爆炸事件,夕神迅作为囚犯检察官第四次出庭。《逆转裁判5》第四章前半部分。
【2027年12月20日】夕神迅重获自由。《逆转裁判5》第五章。

夕神迅官网资料

编辑

夕神迅公式网站资料

(此处为公式网站处资料,可直接查看[1] 
资料截图 资料截图
原文
杀人罪で投狱されている囚人にして、现役の検事。
  検事局の指名を受けて法廷に立っている。
  そのムジュンした肩书にくわえ、法廷でたびたび问题を起こすふるまいから「法曹界の歪み」、通称“ユガミ検事”と呼ばれている。

  心理学を応用した特别な法廷戦术を得意とする。
  锐い眼光で相手の思考を読み取り、ある时は冷静に、ある时は荒々しい言动で意のままに操ってしまう。
翻译
曾是一名因杀人罪而入狱的囚犯,也是在此作中的检察官。
由于检事局的指名才会以检察官身份来到法庭。
带有如此矛盾的头衔,加上于法庭中各种非正常举止,人称“司法界的歪曲存在”,俗称也被称为歪曲(ユガミ)检察官。
非常擅长将心理学中的特别方式(心理操纵)运用于庭审中。
会以锐利的目光探取对手的想法,有的时候很冷静,有的时候则会用粗暴的言行来进行操纵。
(原文内容来自官网,个人翻译可能有误,望见谅。)

夕神迅《逆转通信》处资料

资料截图 资料截图
(此处为《逆转通信》功能上查看的资料,由于在该网站查看资料需要登录,故不记录网址)
原文
『逆転裁判5』で初登场となる、“囚人検事”。
杀人罪で投狱されている身だが、検事局の指名を受けて検事として法廷に立っている。
  囚人検事というムジュンした肩书、そして法廷での圧倒的な强さとルールを无视した数々の振る舞いから、“法曹界の歪み”、通称・ユガミ検事とも呼ばれている。
  ユガミ検事は、手锭こそ着けているものの囚人服ではなく、白と黒を基调にした阵羽织をまとっている。
  彼の髪も一部、白髪である。いわゆるオシャレ染め、ではないらしく、味わった苦労の大きさをしのばせる。目の下にはクマが深く刻まれ、彼の锐い眼光を际立たせている。
  わずらわしいことはキライなようで、本来検事侧がする口头弁论も裁判长に押し付けている。
  また、人の名前さえもまともに呼ぼうとはせず、王泥喜法介なら「泥の字」、希月心音なら「月の字」などと省略してしまう。
  ユガミ検事は、心理学を応用した法廷戦术、心理操作を得意としている。
  裁判长や证人、时には弁护侧にまで言叶巧みに语りかけ、意のままに操ってしまうのだ。
  そしてスキを见つけるや、居合切りのように相手を一闪!
  また、相棒である鹰のギンをけしかけてくることも。
  ギンは法廷に住み着いており、ユガミ検事が牢狱から出廷すると、彼の自由を封じられた手足の代わりに働く。
  『逆転裁判5』では彼の过去や、彼と因縁のある人々の思惑が徐々に明かされていくようだ。
翻译
《逆转裁判5》初登场的“囚犯·检察官”。
因杀人罪锒铛入狱,但由检事局指名作为了站在法庭上的检察官。
带着囚犯与检察官共同存在的矛盾头衔,以及在法庭上的压倒性强硬态度和许多无视规则的行为,人称“司法界的歪曲存在”,俗称也被称为歪曲(ユガミ)检察官。
夕神检察官的双手戴着手铐,身上穿着的黑白两色为基调的阵羽织是他的囚人服。
他头发的一部分是白色。这并不是什么时尚的染发,只是由于辛苦劳作而导致的。双眼下的黑眼圈使他的目光显得更加锐利。
十分讨厌麻烦,就连本来由检察官进行的开庭陈述也能被他丢给裁判长来做。
另外,除了认真的状态之外都不会完整地称呼别人的名字,比如王泥喜法介就用“泥什么的”、希月心音就用“月什么的”之类的简称。
夕神检察官能将心理学运用到法庭中,并且很擅长心理操纵。
从裁判长到证人,甚至是辩护方,都可能会因为他巧妙的言语而被操纵了心理。
当找到破绽时,便会用居合斩将对手斩破!
而且,他的伙伴“银”也会做出攻击。
银定居于法庭,在夕神检察官从监狱里出庭的时候,作为替代夕神检察官双手而行动的存在。
《逆转裁判5》中他的过去,将在与他有关联的人们的发展中渐渐明朗。
(原文内容来自官网,个人翻译可能有误,望见谅。)
词条图册 更多图册
参考资料
词条标签:
动漫形象 人物